スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ここはわたしが。

大して詳しくもないくせに、はったりひとつでパソコン教室の先生をしているあーれすとです。
どうも、こんにちは。
さあ、今日も授業をはじめますよ。

おや。
エアコンがついてる。

その教室は場所を借りているので、エアコンが有料です。
1時間100円です。
そのお金は、とある個人的なお金なんですが。
今日はそのお金を使う前についています。

はは〜ん。
また西藤(仮名)さんだなぁ。
西藤さんはとても優しい方で、個人的なお金を使っているのを見かねて、時々肩代わりしてくださるんです。

でもまあ、そうそう甘えるわけにも行かないので、お金を持って西藤さんのところに行きます。
「西藤さん、エアコンありがとうございます。あの、これお金・・」
「ん?ああ、いい、いい。電源つけたら、前の分のお金が残っていたから」
そう言って、受け取ってくれませんでした。
へー、そうなんだ。

って、いや、前の分のお金って、「残り56分」って表示されているんですが。
いくらなんでもそんなに残っていないっしょ!w

ということで、昨日もおごっていただきました。
しかしこの断り方、なんか歳を重ねているなぁって感じがする、とても上手な言い方だと思いました。
今度まねしようっとw

ああ、よくかんがえたら、わたし人におごらないや。

事故の境目

昨日わたしはご機嫌で、近所の道を走っていました。
るんるんるん〜♪

いつもと違って、その日はスズキの「アルト」というクルマでした。
このアルト、ABSもエアバッグもついていないという、なかなかアグレッシブなクルマです。
でもまあ、気にせずにいつも走っています。

と。

左折レーンで停止していた目の前のクルマが、いきなりこちらの直進レーンに向かって、動き出しました。
その距離、30メートルといったところでしょうか。
ええ、時速50キロなら2秒で到達しちゃう距離です。
ちなみに、国道なので、50キロぐらいは出ていたと思います。

「ちょwww」

もう笑うしかありません。
ブレーキを思いっきり踏みました。

キキーーー!!

おもいっきりタイヤがフルロックして、車体がそのまま滑り出します。
うはw
ドリフトだww

しかしまあ、いくらアルトとはいえ、さすが4輪車というところで。
バイクと違って、全然怖くありません。
落ち着いて少しブレーキを戻しながらカウンター(クルマの向きと逆方向へのステアリング)を当てると、わりと素直な挙動を示しまして、簡単によけることができました。

おかげで、どこにもぶつけずに難を逃れることができました。
はぁー、助かった。
よけた後は、ヒザがガクガクでしたw

これがもしもABSありだったら、そんなひやっとすることもなく、もっと簡単によけられたのでしょうか。
なんか、ああいう瀬戸際の時って、クルマの性能云々よりも、どんだけ冷静でいられるかってことの方が、結果を分けるような気もします。
いいんですよ、よけ終わった後は、ヒザガクガクでもw

スイングガールズ

ひょっこり見てしまった「スイングガールズ」。
昨夜放送してたんですよ、テレビで。
笑いあり、涙ありの、アツイ映画でした。
わかりやすくて面白いストーリーなので、もう一度見たいって、思わせてくれました。

印象的だったのが、もう一度ジャズがしたくなったメンバーが、楽器を購入していくシーンです。
この時に、高校生でお金がないため、中古の楽器をためらいなく購入するんです。
おさがりとか、中古に対して、いやがる方っていると思うんですけど、そう言うのが全く無い。
むしろ、中古で目的を達成させていることに、賢さすら感じてしまいました。

確かに、奏者の経験がある方ならば「あんな楽器で、たいした音が出るわけがない」と、疑問も持ってしまうかもしれません。
しかしそんな楽器でも、みんなで”スイング”すること(ジャズのリズムにノること)は、こんなに楽しいんだよ!ってことが、ものすごく伝わってきて、ああこれぞ音楽だなぁ、音楽やりたいなぁ、と感動してしまいました。

テナーサックス欲しいーー。
え、新品で30万円・・・?
無理っす。

ゲド戦記

スタジオジブリの映画最新作が、今日から全国東宝系映画館で、いよいよ上映です。
最近ではテレビCMも、バンバンやってますね。
「ゲド戦記」です。

CMで見たヒロインの方の演技に「え、そんなに棒読みで大丈夫なの?」と若干つっこみを入れたくなりましたが、ああいうのを狙っているんでしょうね。たぶん。

たぶん、といえば。
スタジオジブリの傑作の一つと名高い「となりのトトロ」という映画があります。
その映画の最後に、「このヘンな生きものは、まだ日本にいるのです。たぶん」というキャッチコピー(文字)が、挿入されているんですよ。
テレビでの放映の時にも、滅多にカットされずに挿入されています。

この「たぶん」を文末に持ってくるという表現方法が、わたし、とっても好きです。
となりのトトロのキャッチコピーでは、「たぶん」がひらがなで表記されていますが、これも好きです。
日本語は文字が多くあるので、それらを利用するだけで様々に表現できるのが、とっても便利だなぁ、と思います。

ぶっちゃけ、文末に「・・・」をヘタに持ってくるぐらいであれば、一度言い切っちゃってから、たぶん、と書いた方が表現が柔らかくなると思います。
たとえば。

 交差点を飛び出したら、危ないよ・・・。

 ↓

 交差点を飛び出したら、危ないよ。たぶん。

うははw
これはいいですね。
なんだか妙に無責任なところがナイスです。
でもなんとなくその後の運命について、冷静に見つめているような感じも出ています。
いやあ、名作コピーが出来たかもしれません。
警察の標語に採用されたら、どうしよう。えへ。

調子が出てきました。
続けていきましょう。

 昨日はとても暑かったですね・・・。
 わたしは、暑さのあまり、一日中寝ていました・・・。
 早く涼しくなって欲しいです・・。

 ↓

 昨日はとても暑かったですね。たぶん。
 わたしは、暑さのあまり、一日中寝ていました。たぶん。
 早く涼しくなって欲しいです。たぶん。

えーっと。

これは失敗ですね。ええ。
なんでもかんでも「たぶん」にすればいいってもんじゃないですね。
使いすぎると、読んでいていらついてきます。
何が言いたいんだよ!って感じです。

さ、気を取り直して、ゲド戦記を見に行きましょうか。
絶対面白いですよ。たぶん。

お風呂に感動しました

今日は知人宅に遊びに来ているんです。
しかし、現在その家の至れり尽くせりな設備に、感動しまくっています。

それは、食事はもちろんのこと、一番の感動はお風呂です。

いや、もうね。
わたしの家のお風呂と違いすぎて、どうやってこの感動を伝えたら良いのか、わかりません。
こんなお風呂に毎日入れる家庭が、この世にあるだなんて。
なんだか身分の格差みたいなモノを感じてしまいます。
むしろ嫉妬を越えて、驚きを感じ、感謝すら覚えてしまいそうです。
こんな体験をさせてくれて、ありがとう!って。

感動の内容を具体的に言うと、湯船のお湯の温度を一定に保ってくれる機能です。
最初に入ったときには、ぬるく感じていたのですが、その温度で一定に保ってくれるので、ゆっくり長くはいることが出来ます。
そして、少しずつ体が、ぽかぽか温まってきます。

これはとても気持ちいいですね!

わたしの家で妹が同じような感じで入っているのですが、おそらく徐々にお湯が冷めていってしまい、それがストレスになっているのではないかと思うのですが、でもこの設備ならば、すごく快適にゆっくりと湯船につかることが出来ます。

はぁ・・。
このお風呂が欲しい・・。

え、っていうか、ふつうはみんな、こんなお風呂なんですか?
お風呂って、そうそう他の家のものを体験したりしないので、ものすごく驚いちゃいましたけど、むしろこのぐらいは、当然の設備なんでしょうか?

ディズニーランドと聴くと

良い身分なことに、わたしの妹はディズニーランドに遊びに行っています。
けっ。
うらやましくなんかないよっ!
全然!!!!!!

ぐすん・・。
フキフキ(涙を拭く音)

ディズニーランドって、わたし、ほとんど行ったことがないんです。
でもなんか、人が言った話を聞くと、無意味にうらやましくなるというか。
じゃあ、行けよ。
って話なんですが、いざ行くってことを計画しようとすると、面倒ですもんね。
遠いし。
千葉だし。

でもこれって、わたしなんて中部に住んでいて、もう面倒になっているわけですから、もっと西の地域に住んでいらっしゃる方にとっては、どれぐらい面倒なことなんだろうという、単純な興味がわいてきました。

え、まあ、どうでもいいんですけどね。

ああ、近場ばかりに行っている、ずぼらなわたし。
あ、でも明後日に横浜に行くぜ、いえい。
よし、いまたぶん、3人ぐらいうらやましく思ったはず。
まあまあ、がっつかないで。
写真ぐらいは見せてあげますから。

Yam! 見てきました

以前にマイベストCDのことについて日記に書きましたが、その中でご紹介したYam!Yam!ORANGEというバンドが地元のライブハウスに来るという事でしたので、ひょこひょこと見に行きました。

昨日は6組のバンドが出演で、お客様もたーっくさん来場して、会場内は混み混みです。
体を動かす余裕なんて無いって感じでした。
でも演奏が始まると、なぜか体が動かせてノリノリになれるのが、ライブハウスの不思議なところです。
昨日行ったライブハウスは、キャパが300人ぐらいだと思うんですけど、それでも入りきれない方もいたそうです。
そんな数のお客様をよく呼んだものです。すごいですねー。

でまあ、肝心のライブ内容もすっごく良かったです。
全然知らないバンドの知らない曲でも、楽しめることは楽しめるんですけど、やっぱりお気に入りのバンドの、ましてや知っている曲になんてなれば、盛り上がらないハズがないですもんね。
おかげでノリノリで暴れすぎて、今日起きたら筋肉痛でした。
イタタタ・・。

え?次の日に筋肉痛がくるのかって?
当然でしょwww


PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM